アピストグラマについて

アピストグラマは南米の主にアマゾン川流域に棲んでいます。たいへん美しい小型シクリッドの仲間です。種類もたくさんいます。子育てをする魚としても知られています。アマゾン川の水質は日本の川とはちょっと違っています。金魚とは少し違った飼い方が楽しめます。いろいろな面で、とても魅力的な魚です。



ちなみに世界地図のほとんどの場所に魚は棲んでいます。魚の適応力はたいしたものです。アピストグラマが棲んでいるのは主に南米のアマゾン川流域です。赤道直下の熱帯雨林が、日本がいくつも入る範囲に広がっています。日本からは地球の裏側です。アマゾン川には多種多様な魚が見られます。アピストグラマにもたくさんの種類がいます。



アピストグラマはシクリッドの仲間です。シクリッドはスズキ目スズキ亜目カワスズメ科の魚です。様々な大きさの種類があり、数十センチから1メートルに達するものまでいます。アピストグラマは最も小型の部類に入ります。種類にもよりますがオスの成魚で7〜9cm程度です。食卓のサンマと比べてみました。サンマ全長33cm。アピストグラマ全長7cm。



ビタエニアータのオス ビタエニアータのメス
アピストグラマ・ビタエニアータのオスとメスです。オスは黄色、オレンジ、青に紫、赤など実に様々な色彩をまとっています。各ヒレは伸長し非常に美しい姿となります。とりわけ求愛時又は闘争時の美しさは格別です。メスは基本的に地味な体色ですが、婚姻色の出たメスはびっくりするほど美しくなります。ビタエニアータでは黄色い体色になります(下々写真)。
ロートカイルのオス ロートカイルのメス
アピストグラマの一種、ロートカイルのオスとメスです。婚姻色の出ているメスです。鮮やかなオレンジ色です。通常は上のビタエニアータのメスと同じような体色をしています。




子供を守るアピストグラマ・ビタエニアータのメス
メスは卵や稚魚のすぐそばで保護を行い、その周りでオスが外敵の侵入に対応します。メスは体色を変え卵や稚魚に近づくものはオスであっても追い払います。お母さんになると美しくそして強くなります。




                  南米の河川
ディプロタエニア
ネグロ川流域に生息する種類です。ネグロ川には他にもたくさんのアピストグラマが生息します。
ビタエニアータ
アマゾン川を中心に生息します。多くのアピストグラマが弱酸性の軟水域に生息します。
トリファスキアータ
パラグアイ川などに生息します。他にはボレリィが有名です。

南米大陸は巨大です。場所により河川の水質が異なります。ネグロ川のように強い酸性を示す河川もあります。広大な南米大陸のそれぞれの場所(環境)で魚たちは上手に適応して暮らしています。多くのアピストグラマは(弱)酸性の軟水に生息します。日本の水はおおむね中性で軟水ですが、アピストグラマが棲む水はもっと軟水です。日本の水質とは少し異なっています。「アクアソイル」などの観賞魚用底砂は水質を弱酸性の軟水に変化させます。アクアリウムの底砂に「アクアソイル」を選ぶと(弱)酸性の軟水に棲む種類を状態良く飼育できます。



アピストグラマの最も簡単な飼育例です。アピストグラマは小型なので水槽も60cm程度の小型のもので十分です。手軽に飼育が楽しめます。小型カラシンやラスボラなどを混泳させるとまた楽しいアクアリウムになります。飼育を進めるうちに底砂などの影響で徐々に水質はアピストグラマに適したものになってきます。繁殖など様々な興味深い行動を大自然アマゾン川のままにくりひろげてくれると思います。アクアリウムのアピストグラマを通して自然のおもしろさを感じることができるかもしれません。



アピストグラマは小型で大変美しい魅力あふれる熱帯魚です。種類も豊富で集める楽しさもあります。

小型水槽で手軽に飼育できます。底砂を選べばより簡単に飼育することができます。

子育て行動などアマゾンの大自然での営みをアクアリウムで実際に見せてくれます。アピストグラマを通して自然の素晴らしさを感じることができるようにも思えます。